ダイエットのやり方と仕方

ダイエットのやり方と仕方を解説するサイトへ、ようこそ。

当サイトでは、巷にある数多くのダイエット方法を一つ一つ追うことはせず、正しいダイエット法の原理を示すことを第一に解説しています。

どうして、次から次へと新しいダイエットが生み出されては、また消えていくのでしょうか?それは、どれもが確実にダイエットできるやり方・仕方ではないことの証明です。たとえ短期間にダイエットに成功したかのように見えても、やがてリバウンドしてしまうダイエットのやり方・仕方が、長続きするはずもありません。

間違ったダイエットのやり方によって失敗し、挫折した人たちは、真新しいダイエット方法に目移りして、「今度こそ痩せる!」と意気込むものの、また同じダイエット業界のワナにはまってしまうのです。その原因は、人間の生理とダイエットの基本原理を知らない、無知から来ています。

いろいろなダイエットのやり方

ダイエットのやり方・仕方には、いろいろなものがあります。
ざっと挙げてみても食事制限では、低炭水化物ダイエット(炭水化物抜き、ローカーボ)、アトキンス式ケトン体ダイエット、油抜きダイエット、肉抜きダイエット、朝抜きダイエット、低カロリー置き換え食品(マイクロダイエット、グローバルダイエット、ヒルズダイエット...)などがあります。

そのほか関連した食事系ダイエットとして、低インシュリンダイエット、ハリウッド・ミラクルダイエット(ハリウッドジュース、プチ断食、ファスティング)、週末解毒プチ断食ダイエット、リセットダイエット、朝だけフルーツダイエット、国立病院ダイエットなどがあります。

こういった食事制限のダイエットのやり方は、短期間で痩せる方法ではあっても、リバウンドの危険が伴う方法です。極端に糖質(グルコース)が減ると、脳と血球の栄養素が不足するので、筋肉を分解して糖新生(糖を新しく作ること)するからです。筋肉が減少すれば、基礎代謝が落ちるので、太りやすく痩せにくくなってリバウンドしてしまうのは目に見えています。

そのほかダイエットのやり方・仕方には、「簡単さ」「手軽さ」を謳ったダイエット方法が目白押しです。たとえば「〜だけダイエット」という名称がよく使われます。計るだけダイエット、巻くだけダイエット、なでるだけダイエット、貼るだけダイエット、寝るだけダイエット、飲むだけダイエット、書くだけダイエット、見るだけダイエット、聞く(聴く)だけダイエットなどなど。

こういったダイエットのやり方・仕方は、通常のダイエットの食事制限や運動にプラスアルファとして追加するものとして、試してみる価値はあると思います。炭水化物抜きダイエットなどのように、健康に重大な被害を及ぼすほどの作用はないからです。インチキだったとしても、せいぜい書籍代くらいで済むでしょう。ただし耳ツボダイエットやエステティックサロンの部分痩せエステや痩身エステは、高額な料金を請求するわりに、痩せる結果が出にくいものなので、慎重に検討する必要があります。

そのほかダイエットのやり方・仕方としては、激しいダイエットDVDも人気があります。たとえば、かつてのビリーズブートキャンプを筆頭に、ターボジャム、コアリズム、カーヴィーダンス、ピラティス、ヨガダイエットなどなど。しかし、その激しいエクササイズをずっと続けていける人は、どれだけいるか疑問です。1日中自由で、時間がたくさんある人なら向いているかもしれません。でも仕事で忙しいOLやビジネスマン、家事や育児に追われている主婦には、厳しいプログラムですね。

そのほか、巻くだけダイエットやバンテージダイエットといった、骨盤矯正ダイエットは、手軽であり、骨盤周辺の血行をよくすることによって、脂肪燃焼効率を上げ、むくみ、便秘、冷え性の解消効果も期待できます。これも、通常の栄養や筋力トレーニング、有酸素運動といったベーシックのダイエット法に加えると効果的です。

そのほか、いろいろな食材(一品)だけに着目したダイエット法、栄養素やサプリメントを摂取する脂肪燃焼や食欲抑制、小腸からの吸収抑制ダイエットもあります。有名なダイエットのやり方としては、水溶性食物繊維を食事前に摂ることによって、胃を膨らませて、食欲を抑制したりします。同時に、腸管で糖質や脂肪、胆汁酸、コレステロールを吸着して、排泄してくれる働きもあります。同様な作用の食材には、寒天やコンニャク、キャベツ(ダイエット)があります。

ダイエットのやり方には、楽して痩せることができる食材は、まだあります。
たとえばグレープフルーツダイエット。これは匂いを嗅ぐだけで、食欲を抑制できるというもの。また苦味成分ナリンギンも、食欲を抑制してくれます。ダイエットサプリメントでは、ピルビン酸塩、ギムネマ、タウリン、カテキン(緑茶成分)が、脂肪の吸収を抑制してくれます。オリーブ油や魚油(DHA、EPA)、共役リノール酸といった不飽和脂肪酸、中鎖脂肪酸もダイエットに欠かせません。

食事制限だけではダイエットは不十分

ダイエットのやり方・仕方としては、食事制限によって摂取エネルギーを減らすとともに、運動によって消費エネルギーを増やす努力も欠かせません。両者が歩み寄ることによって、食事を制限するだけのやり方よりも、短期間でダイエットを達成することが可能になります。しかも筋肉が減る危険がなくなるので、リバウンドのリスクがなくなり、長期的にスリムな体型を維持できるようになります。

若いうちは食事制限のみのダイエットでも、それほど体に影響はないかもしれません。しかし30代以降の人は、だんだん基礎代謝が低下しますし、健康の問題も出てきます。つまり年齢を重ねるほど、極端な食事制限のみのダイエットでは通用しなくなるということです。食事のコントロールと運動(有酸素運動、筋力トレーニング)の両方を並行して行なっていくことが、正しいダイエットのやり方・仕方であることは、間違いのないことです。

当サイトが、正しいダイエットのやり方や原理を示すことによって、皆様の健康や美容の増進にお役に立てれば幸いです。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)