ダイエットのやり方と仕方TOP > ダイエットの仕方と種類とは?

ダイエットの仕方と種類は、人それぞれ

ダイエットの仕方や種類には、トップページに列挙したように、じつに多くのダイエットのやり方があります。巷には、たくさんのダイエット方法がありすぎて、どれを始めたらいいのか迷う人もいるかと思います。でも、何事もそうですが、図式を単純化してみれば、やることは明確になります。ダイエットの仕方といっても、次のように整理できます。

  • 食事制限のみのダイエット
  • 運動のみのダイエット
  • 体の代謝を改善するダイエット
  • これらを複数組み合わせたダイエットの仕方

この四つのダイエットの仕方・やり方のなかで、健康を害してリバウンドの危険が伴う方法は、食事制限のみのダイエットです。もちろん運動を並行して実践すれば、筋肉の減少を食い止めることができるので、リバウンドの危険もグッと減るでしょう。

いっぽう運動のみのダイエットの仕方も、よくやりがちな過ちです。
運動をしつつ、食事を制限すればよいのですが、運動をしているから、お腹一杯に食べてよいと考えるのなら、せっかくの運動も台無しになりかねません。

たしかに筋肉がつけば基礎代謝がアップするかもしれませんが、消費カロリーを超える摂取カロリーを摂ってしまっては、ダイエットに成功するはずもありません。むしろ、ダイエットを始めたばかりの人は、それほど筋肉量が多くないと考えられます。それは、つまり基礎代謝量もそれほどではないということ。思いっきり食べるのは、十分に筋肉がついてからにしましょう。

体の代謝を改善するダイエットの仕方

ダイエットの仕方として、体の代謝に着目し、これを改善することによって、楽にダイエットする方法があります。これは、非常に効果的な痩せる方法といえます。たとえば骨盤矯正ダイエットが挙げられます。巻くだけダイエットとか、バンテージダイエット、腰回しダイエットなどですね。そのほか類似の方法として、ヨガダイエットとかピラティスなどがあります。人にしてもらうのなら、カイロプラクティックやマッサージもそうかもしれません。

こういった整体によって、骨盤が矯正されれば、その周辺の筋肉が柔らかくなり、血行がよくなります。腹部には腸が密集しているので、それは便秘やむくみの解消につながっていきます。そうなればデトックス(毒素排出)作用も期待でき、冷え症や肌荒れの改善、生理不順改善などにつながっていきます。それは女性にとっては、ダイエットの成功のみならず、美容効果ももたらしてくれます。

ただ整体によるダイエットの仕方は、必ず効果が出るとは言い切れないのではないかと思います。骨盤のずれが太る原因になっている場合は、効果があるかもしれませんが、単に運動不足とか食べすぎが肥満の原因のこともあります。そうなると、いくら背骨や頚椎、骨盤を調整したからといって、生活習慣を改めない限り、体脂肪を減らしていくことは難しくなります。こういった整体系のダイエットは、食事制限にプラスして活用するスタンスなら、相乗効果となって、ダイエット成功への橋渡しになるでしょう。

プチ断食でデトックス

代謝の改善によるダイエットの仕方としては、整体以外に、プチ断食(ファスティング)があります。野菜や果物などの酵素を摂ることで行なったりできますし、ハリウッド・ジュース(ハリウッド・ミラクルダイエット)を購入するという方法もあります。ハリウッド・ジュースのほうはシステム化されているので、個人的にやる場合、安心感があるかもしれませんね。

人は食べ過ぎると、腸内に便が滞留してしまい、宿便となります。
それが代謝を阻害するといわれています。ひどくなると何日も便秘になり、その毒素が全身をまわって肌荒れや体調不良(不定愁訴など)につながっていきます。プチ断食によって腸を休めることによって、ビフィズス菌などの善玉菌を増やして免疫力を活性化させ、体内環境をよくします。

このようにして食べ物を制限することによって、毒素を排出すると、脂肪燃焼効率が上がって、痩せやすい体になるわけです。ただ、これも何度もやりすぎると、体が飢餓状態と誤認してしまって、痩せにくい体質になります。たまにやるならいいかもしれませんが、毎週末に解毒のプチ断食ダイエットをしていては、やりすぎではないでしょうか?本当に体の調子が悪くなったときとか、難病を治療するときには役立つ場合もあります。

適度なダイエットの仕方を、複数組み合わせる

結局、ダイエットの仕方としては、極端を廃して、それぞれを適度に実践することが大切ではないでしょうか?極端な食事制限を廃して、腹八分目や七分目にする。ダイエットDVDなどの激しい運動や、有酸素運動のやりすぎをやめて、適度に運動を生活のなかに取り入れる。その上で、簡単にできる「〜だけダイエット」とか骨盤矯正ダイエットをプラスアルファーとして取り入れるわけです。このように、それぞれを過激にせずに適度に行ない、組み合わせることによって、辛さを伴わずに楽してダイエットできるはずです

ダイエットの仕方・やり方としては、もちろん人それぞれなので強制することはできません。しかし、急激な食事制限だけは危険なので、しないほうがよいと思います。それさえ注意すれば、あとは最低でも2種類のダイエット方法を、好きな組み合わせで実践してみてはいかがでしょうか。

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)

効果的なダイエット方法とは?

効果的なダイエット方法とは、効率的に痩せる方法とも言い換えることができます。つまり痩せるために行なった努力が、すべて報われるようなダイエットのやり方・仕方です。勉強でも、ダ...

無理なダイエットは危険!

無理なダイエットのやり方・仕方は、何のメリットももたらしません。強いて言えば、短期間で体重が落ちることくらいでしょうか?しかも、その痩せ方は、全体的にげっそりと病的に痩せていき...

ダイエットの運動と食事の関係

ダイエットの運動と食事は、じつは両方をミックスさせたほうが、ダイエットのやり方・仕方としては効率的です。よくあるパターンとしては、食事制限だけのダイエットをして、運動を毛嫌...

太ももダイエットの運動方法とは?

太ももダイエットの運動をしたいということは、競輪選手のようなパンパンに張った太ももではなく、言ってみればマラソンランナーのような”カモシカ”みたいな脚を手に入れたいのだと思います。...

早く痩せる方法とコツ

早く痩せる方法を探している人は、夏までにかわいいビキニが似合う体型になりたいとか、男性の注目を浴びれるスレンダーな服を着たいとか、とかく”人の目”を気にしているから、そう思うのでは...

食べすぎの防止と対処法とは?

食べすぎの防止・・・これができればダイエットは半分成功したも同然です。どうしてダイエットが難しいのかというと、食欲を抑制できずに、どうしてもおいしそうなもの、甘いお菓子を口に運...

睡眠とダイエットの関係とは?

睡眠とダイエットは、一見なんの関係もないように思えます。ずっと寝るのだから、消費エネルギーが起きているときよりも減退して、体脂肪が溜まりやすい時間帯なのでは?という疑問を持つ人...

ダイエットを続けるコツとは?

ダイエットを続けるコツは、何かあるのでしょうか?よくダイエット本やサイトなどを見ていると、ダイエットの長続きのポイントとして、体重計に乗って記録をつけるとよいという記述を見かけ...