ダイエットのやり方と仕方TOP > ダイエットの仕方と種類とは? > ダイエットを続けるコツとは?

ダイエットを続けるコツと秘訣

ダイエットを続けるコツは、何かあるのでしょうか?
よくダイエット本やサイトなどを見ていると、ダイエットの長続きのポイントとして、体重計に乗って記録をつけるとよいという記述を見かけます。計るだけダイエットは、1日2回体重計に乗って、微妙な変化をグラフに記入するだけという簡単なダイエットのやり方のようです。

「ダイエット=体重を減らす」という公式は、間違いではありませんが、それだけにとらわれることは、ダイエットの本道から逸れているように感じます。体脂肪以外に、大切な筋肉まで落としていることが多いからです。もし体重を落とすことに快感を覚えて、のめり込んでしまったら、それは拒食症という摂食障害へと足を踏み外してしまう”きっかけ”ともなりかねません。

ダイエットを続けるコツは、まず正しいダイエット観に立ち、正しいダイエット法を実践することが第一歩です。間違ったダイエット、健康を害する危険なダイエットの仕方を、いくら「続けて」も、意味がないからです。以下に、ダイエット長続きの秘訣を挙げてみました。

  • 無理に食事制限をしない
  • 食べたいものを食べる
  • 運動を生活に溶け込ませる
  • 姿勢をよくする

もちろん「楽しいダイエット」であることが、ダイエットを続けるコツではあります。でも、あえて「楽しい」ということを強調する背後には、ダイエットは辛いものという気持ちが潜んでいます。つまり普段の生活とは異質のものであり、気合をいれるものというニュアンスが込められています。

歩くのに気合を入れるでしょうか?買い物をするのに、思い切りが必要でしょうか?つまり「楽しいダイエット」を心がけようという時点で、生活からかけ離れているということなのです。生活に溶け込ませるようにすることが、ダイエットを続けるコツなのです。つまりダイエットしていることを意識しないことが大切です。

食事のポイント

ダイエットを続けるコツは、無理に食事制限をせず、好きなものを食べることです。その上で、全体的なカロリーをやや減らせばよいのです。

無理に食事量を減らすと、栄養バランスが崩れます。糖質が不足します。
そこから、どんどん自律神経が乱れて、最終的にはダイエットの失敗や挫折につながっていくのです。なにより辛いダイエットは、長続きしませんよね?

かといっって、食べたいものを食べたいだけ摂取していては、体脂肪は減っていかないでしょう。この場合は、我慢せずに摂取カロリーを減らす道を選びます。食前に野菜や寒天、コンニャクを食べると、胃が膨れるので、摂取カロリーを減らすことができます。ダイエットを続けるコツとして、活用している人も多いでしょう。低カロリーの野菜スープにしてもOKです。水溶性食物繊維は、小腸内で糖質やコレステロール、脂肪分を吸着して、ある程度排出してくれる効果もあります。デトックス作用も見込めます。

ただし、食前に低カロリー食品を食べ過ぎると、メインの食事量が激減するので注意しましょう。これでは栄養バランスが崩れて、ぶどう糖が不足する危険があります。栄養バランスが崩れると免疫力が低下したり、肌荒れ・むくみ、冷え性、便秘、生理不順などに悩まされることになります。糖質が不足すると、空腹感にさいなまれて辛い思いをしたり、筋肉が減っていくことは目に見えています。

また好きな食べもの、たとえばケーキや洋菓子を制限するようなダイエットは、長続きしません。ダイエットを続けるコツとしては、間食を全く摂らないのではなく、食べる時間帯と食べ方を工夫するのです。

夜に食べると、副交感神経が優位な時間帯なので、体脂肪として溜め込まれやすくなります。でも昼間の3時ごろにおやつとして食べれば、体脂肪になりにくいことが確認されています。

さらに、ただケーキなどのお菓子だけを食べるのではなく、たとえば緑茶を飲みながら食べます。すると、緑茶のカテキンという成分が、腸内で糖分や脂肪を吸着して排出してくれます。

間食の食べ方も大切です。
よく噛んで、ゆっくりと時間をかけながら食べれるのであれば、そうしましょう。血糖値が上がるまでに食べ過ぎてしまう、ということがなくなります。一口食べては、緑茶を飲み、いったん中断するのです。一気に食べないことが、おやつの食べ方のコツです。これならダイエットを続けるコツとして、実行できますよね?

運動を生活に溶け込ませる

ダイエットを続けるコツは、運動のやり方にも工夫が必要です。
たとえばウォーキングやジョギングのための時間を取るよりも、通勤や通学の時間を利用して早歩きしたり、買い物を利用するとよいのです。たとえ5分でも10分でも早歩きしたぶんは、確実にカロリーを消費していますし、筋肉が鍛えられています。

そのほか料理をしている最中に、ちょっとだけ爪先立ちをすると、ふくらはぎが引き締まり、下半身やせに効果があります。イスに座りながらテレビを見ているときは、ちょっと両足を持ち上げてみるだけで、腹筋に刺激が伝わります。イスのふちに両手をかけて、体を持ち上げて静止するだけで、上半身が鍛えられます。二の腕の部分痩せにも効果大でしょう。

子育てや育児をしている方なら、子供を抱きかかえる動きが、ダンベル代わりとなります。家事をしている主婦なら、掃除や洗濯がそのまま貴重なエクササイズとなります。窓を拭いたり、風呂を掃除するときに、力をこめて行なえば、相当な消費カロリーになります。上半身の運動としては、これだけで十分ではないでしょうか?

このように、別に意識的に構えてスポーツジムに通わなくても、日常のなかで運動を続けていくことは可能です。過激なダイエットDVDのエクササイズが好きな人はいいですが、たいていの人にとっては生活とは異質なものであり、長続きには向いていません。ダイエットを続けるコツは、運動を意識することなく、無意識に行なうまで習慣化することです。いったん習慣になれば、あなたのダイエット成功の基盤は出来上がったも同然です。あとはダイエットを長続きさせていくだけです。

姿勢をよくする

ダイエットを続けるコツとして、姿勢を正すことを付け加えたいと思います。
これは気づいたら実行しましょう。たとえばテレビを見ているとき、食事のとき、本を読んでいるときなどなど。「〜をしているときだけでも姿勢をよくしよう」と決めて実行すれば、それが自然と習慣になります。そうなれば無意識でも、一日中姿勢がよくなってきます。

姿勢をよくすることの効用は、1日中、消費エネルギーが高まることです。
これによって、とくに運動をしなくても、背中の筋肉が鍛えられます。なにより、ピンと張った背すじは、美しいですよね。女性の場合、姿勢をよくするだけで、バストアップしたように見えますし、美しいデコルテになります。一気に魅力アップですよね。

姿勢をよくすることは、脊髄周辺の筋肉のコリをなくして、血液や神経の通りをよくします。その結果、新陳代謝やエネルギー代謝が改善されて、脂肪が燃焼されやすくなります。これは一旦習慣になってしまえば、無意識にできるようになるので、ダイエットを続けるコツとしては欠かせません。